中性脂肪とは何か調べる|肥満対策をする!

DHAとEPAの効果

運動

中性脂肪とは人間の生命維持活動に必要なものですが、増えすぎると動脈硬化や脳卒中などの重い疾患を引き起こしてしまいます。そのため中性脂肪を下げるために有効なDHAやEPAなどの成分を摂取することが大切です。主に青魚に含まれていますが、毎日と食べるのは困難ですのでサプリメントの使用が有効です。

Read

生きていく為に必要な物

サプリメント

中性脂肪とは、身体を維持するために必要な物質です。しかし、必要以上に取り過ぎると動脈硬化や、肝硬変などの様々な病気になる恐れがあります。適度に中性脂肪をつけるためには、サプリメントで脂質の摂取を抑えましょう。

Read

健康や体形の維持のために

男の子

健康食品を取り入れる

お腹周りや背中に脂肪がついて悩んでいる人は少なくありません。日本人はやせ形で欧米人に比べるとスリムな体形であるとされていました。しかし最近では男性女性問わず、肥満傾向にある人が増えています。その背景には、食生活の欧米化があります。魚や野菜を中心としていた昔の日本人に比べ、現在は脂質の多い肉や加工食品を多く摂取していることがわかります。健康な体やスリムな体形を維持するためには、バランスのとれた食事が大切です。なかなかバランスが取れた食事ができないという人に人気があるのが、健康食品やサプリメントです。普段の食事に取り入れることで、不足しがちな栄養素を補ってくれます。しかしあくまで栄養を補助する目的であって、それだけですべてのバランスが取れるわけではありません。

コレステロール

肥満の原因の一つとされるのが、中性脂肪の増加です。人間の体の中にはコレステロールや中性脂肪が存在しており、LDLコレステロールとHDLコレステロールの2種類に分けられます。LDLコレステロールとは、増えすぎることでコレステロールが血管に詰まって固まりこぶになるリスクがある悪玉です。一方HDLコレステロールとは、肝臓へ余分なコレステロールを戻す役割をしているのが特徴です。中性脂肪が増えることでLDLコレステロールが増え、HDLコレステロールが減少してしまうと動脈硬化になり、脳梗塞・狭心症・心筋梗塞を引き起こしてしまいます。動脈硬化とは、動脈内にさまざまな物質が付着し血管が狭くなることいいます。中性脂肪を減少させるためには、飽和脂肪酸の摂取を減らし食物繊維を積極的に摂ることが大切です。

数値改善には食事療法

スポーツ

中性脂肪とは、体内に貯蔵された脂質です。体温維持や内臓保護など一定の働きがありますが、数値が高いと動脈硬化疾患になり易くなります。数値が高い場合には、DHAやEPAが配合されたサプリメントの使用が効果的です。これらの成分には、中性脂肪を下げ、全身の血液を正常化する働きがあります。

Read